1. TOP
  2. 番外編: WinとMacと僕の人生の激しいアップダウン。

番外編: WinとMacと僕の人生の激しいアップダウン。

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 37 Views

僕の学生時代に大学にApplleⅡがあることを見つけた。
僕はコマンドラインをいじり倒すのは嫌だったけど、
コンピューターには興味があって、このマシンはマニュアルも
デザインも、圧倒的に、親切でセンスが良くて、記憶に残った。

社会人になって、DECのVAXというミニコンピューターを
使う機会があったけど、基本はコマンドラインでセンスの
良いマシンだとは思ったけど、やっぱり嫌だった。

そのあと、衝撃の出会いがMacの登場である。
メモリもCPUも今の何桁下かわからない時期に
基本的に今の原型となり、下手すると今のゴチャゴチャの
Windowsよりもずっとセンスの良い、GUIがPCで実現され
Excel(最初はMac向けだった)Clalisdraw 等、目もくらむような
使いやすい、直感的に使い倒せて高機能のソフトが対応していた。

そのCPUを作っていたモトローラにいたせいもあって、
車内にはMacがたくさんあって、僕はそれを使い続けていた。

その縁もあって、マイクロソフトに転職したのだが、
その1990年辺りは、マイクロソフトにはWindows 3.0が
出るかどうかで、Windows2.Xは絵文字でGUIを無理に作ったような
とんでもなく粗末なものだった。
Windows3.0は見栄えこそ大きく改善したもの、
フリーズしまくる不安定さで、特にプリンタードライバーを
つかうとフリーズすることが多く、保存する前に
印刷しようとすると、それまでの作業を確実に
台無しにしてくれる、偉大なOSだった。

そして僕はMacで覚えたことをMacOSとExcelの知識を
Windows3.0と発のWindows版ExcelとなるVer.2.12の
テスティングに使うことになった。

Excelで見つけたバグの実に75%はWindowsに起因するものだった。
実質的に僕はWindowsのバグ出しをExcelでしていたのだ。

当時、Macに愛すら感じていた自分はとてつもない
裏切り行為をしているように自分が感じられて
切なかった。

その後、WindowsとMACがこれだけの栄枯盛衰を
繰り返すことも、Windowsの中身がDecのVAXのOS
VMSを作っていたデビッドカトラー達によって根本的に
作り替えられ。WindowsNTというそれまでより遥かに
安定したまともなOSになることも当時は知る由もなかった。

でも、一番予想がつかなかったのは、今52歳の僕が
全くの徒手空拳で、驚く程の未熟さのまま、
また何かをしなければいけないことなのです。

初めてMacに触った以上の衝撃を感じたのは
ネットスケープナビゲーターに触ってインターネットを
より身近に感じた時でした。

おそらく、コンピューターやインターネットによる
人間の生活の変化はまだまだ初期段階なのだろうとは
思っています。先を見てみたいし、できれば、それに
自分も関わりたいですが、どうもうもう、

ハードでもないどころか、ソフトでもなく、
それを利用したサービスや、コンテンツが世の中を
動かす要素が大きくなっていて、自分がともかく
書いたり、自分のWebsite作ったりくらいしか
自分ができることを、思いつかないのでした。

52歳でこんだけ未熟とは我がことながら驚いてます。

ライター紹介 ライター一覧

kokorodiet

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする33 自分を知る大切さ

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする32 サウナと水風呂の効用

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする31

  • ファインマンと物理学、哲学とビジネス

関連記事

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする31

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする。1

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする12

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする5

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする26

  • 【心.ダイエット】心を軽く元気にする10